北之庄菜への思い

北之庄菜への思い

伝統的な栽培法を今も守りながら栽培に携わっている、北之庄郷の会会長の大西さんと奥野さんにお話を伺いました。

きっかけは、マッチ箱

Q.北之庄菜との出会いのきっかけは?
そもそも時代末期から昭和30年代頃まで、農家の方がお漬物用に北之庄一帯で自家栽培をしていました。
しかし、次第に自分でお漬物を作る人が減り、食生活も変化するに従い生産をする人がいなくなり、いつしか自然消滅した「幻 の野菜」となってしまいました。

そんな北之庄菜が失われて30年経ったある日、偶然が重なりなんとおばあさんのマッチ箱の中から北之庄菜の種が!
そこから、子どもの頃に食べたきりだった当時の農家さんたちの手で北之庄菜を復活させる大きな夢がはじまったのです。

北之庄でないとうまく育たない!その訳は?

訪れた畑の土は、粘土質の強い独特の土。
「土自体の栄養の量は、実は数値にすると中の下とかそれくらい。やからといって、栄養たっぷりの土ではこの味にならへんねん。(川西さん)」
北之庄菜のちょっと甘くてほろ苦い、滋味あふれる独特の味はちょっと厳しいくらいの北之庄の環境だからこそ出せるのだそう。

大西さんの畑の農薬の量は、通常の1/2!
「他の葉っぱより美味しいのか、北之庄菜の葉っぱはよう虫に喰われてしまう。せやけど、出来るだけ薬は使いたないんやなぁ。(大西さん)」
そんな大西さんの畑は、北之庄菜の葉っぱとともに雑草たちもすくすくと。
農薬などの薬品に頼らない分手間や労力はかかるけれど、だからこそ葉っぱまで丸ごと美味しい北之庄菜が出来るのです!

北之庄菜の紫紅色は、おひさまの色

北之庄菜の茎から実の上部にかけて色づくきれいな紫紅色は、おひさまが当たってるから。
このきれいな色を出すために、こまめに間引きを行い日光がより良くあたるよう大切に育てているそう。

「寒うなるとな、もっとこの色があざやかできれいになっていくんやわ。糖度も上がってもっと美味しくなるんや!(奥野さん)」
そう笑顔いっぱいに語る奥野さん(北之庄菜栽培の名人!)のここ最近のおすすめの食べ方は、すりおろしてポン酢でいただくことだそう。「大根よりもな、うまいんやな!この味を知ってから戻られへん!ほんまやめられへん味やね。(奥野さん)」
また北之庄菜は根菜だけど、名前の通りなっぱも美味しく頂けます。新芽は柔らかく、大根やかぶらのようなほろ苦い風味が楽しめます。

北之庄菜は十人十色!?

「北之庄菜は、全部ばらばら。みんな違う顔してる。(奥野さん)」
農家さんたちそれぞれで種子を自家交配させている北之庄菜は、まだまだ在来種としての性格が強いとのこと。

「徹底的に管理された種子と違って、形も色も育ち方もみんな違う。そんな北之庄菜たちを、形を揃えて出荷出来るまで育てるっていうことは、マニュアル化出来る訳ではないのでとっても難しいことなんですよ。(川西さん)」
そんな個性あふれる北之庄菜たちは、名人をはじめとした十数名の栽培農家さん達の手で我が子のように大切に大切に育てられています。

これから北之庄菜はどうなっていって欲しいですか?

平成13年からスタートした、北之庄菜という伝統野菜を地域ブランドとして広めていこうという動きはどんどんと広がりを見せています。
「作り手として、手応えは感じています。近江八幡商工会議所や滋賀県に取り上げられ、今ではひさご寿しさんをはじめとしたさまざまな料理屋や旅館などで新しいメニューが考案されたり滋賀県立大学での伝統野菜の研究材料として取り上げられたりと、さまざまな場所で北之庄菜が活躍してきていると思います。(大西さん)」

また、2012年より毎年3度ほど近江八幡市立八幡小学校の給食にも登場したのだとか。
「北之庄菜を美味しいと言って食べた子どもたちが将来、北之庄菜の栽培に興味を持ってくれたり、広めていったりしてくれると嬉しいねえ(奥野さん)」

そんな躍進を見せる北之庄菜の栽培は、栽培を始めてまだ数年ということもありまだまだ課題もたくさん。
2013年の台風のような天災から、作り手の数の少なさ。伝統野菜ゆえの栽培の難しさや手間もあり、生産量がまだまだ少ないのが現状です。 ですが、お会いした農家のみなさん全員が、とてもいきいきとした笑顔で北之庄菜について熱く語ってくださいました。
「みんなにな、年々若返ってるなあって言われるんやな。毎日畑の事が気になって、いろんな人に呆れられるんや(笑)
北之庄菜に携わる前よりも健康やし、ほんま生活のハリやなぁ。(奥野さん)」

・・・左から、奥野さん、大西さん、ひさご寿司の川西さん、西川さん
オンラインショップ
電話番号0748-33-1234
  • 北之庄菜への思い
  • 販売店舗一覧

このページの先頭へ